播州刃物(小野金物卸商業協同組合) / Banshu Hamono(Banshu Blade)

・問題点、課題

大きな問題は単価が安いので数を作らなければ生き残っていけず、職人は時間にも経済的にも余裕がないことから、弟子を育てることもできませんでした。さらに作った刃物は依頼主ごとにバラバラの名前で存在し、最終的にどこで売られているかもわからない“作りっぱなし”の市場になっており、新たな人材を雇用するには、生産量を下げ、利益率を上げる必要があることが大きな課題でした。

・デザインしたこと

 もっと職人たちが前に出て、産地として認知されるようにするため、ブランディングをはかりました。そこでまず、バラバラだった名前を、「播州刃物」と地域名を入れて統一し、安い紙製のパッケージから、商品が持つ価値に見合うよう桐の箱に変更します。価格はそれまでの2~3倍に設定、作り手が誇りを持って商品を世の中に出せるようにし、国内のみならず海外に向けても販売ができるように考えていき、また認知してらもらうため、造形はそのままにカラーリングを増やし女性をターゲットにした、「101シリーズ」も展開していきました。

・ストーリー

国内市場は、問屋で構成される組合によって金額の秩序が保たれているため海外の販路開拓を進めていきました。展示会では、フランスのディストリビューターから声をかけられ、3カ月後にはパリの展示会に出展。その後も、精力的に海外の展示会に足を運び、フランスの他、ドイツやアメリカ︎など、10カ国以上︎の販路を開拓をしました。初めは展示会に出展することに半信半疑だった刃物組合の人たちも世界で認められていき、意識が少しずつ変化しました。研ぐという文化がない国では研ぎのワークショップを開催し、刃物と一緒に文化も伝えていくことを継続しています。

・変化したこと(結果)  

一番大きな変化は握り鋏の後継者がついに生まれたことです。グッドデザイン賞を受賞したことにより、市や県に興味を持ってもらうきっかけとなり、実際に補助事業が生まれました。受賞後、海外で評価される機会が増えたことよりも、近い環境にいる地元の人たちの意識が変わりったことも大きな変化でした。


 
 
 WORKS